SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BIRDSヒヤリハットノート

パラグライダーは楽しいスポーツですが、ひとつ間違えると危険な目にあいます。ヒヤッとしたこと、ハッとした体験談を皆で共有し、問題解決を考え、安全対策を行っていただきたこうという目的で立ち上げました。

どうぞヒヤリハット体験談や事故の目撃情報を下記メールアドレスまでお寄せください。
info@birds-para.com
ヒヤリハットに関するコメントもお待ちしております。たくさんのご意見をお願いします。
そして事故撲滅に役立てていこうではありませんか!
セッティングミスのトラブル
0

     サーマルソアリング中に何度も失速してしまうパイロットがおられました。
     普通にフライト出来ることもあるのに、また、同じ空域で他のパイロットは通常に飛行しているのにどうしてこのパイロットだけが失速に入るのかを検証してみました。

     まず、グライダーに欠陥があるか、グライダーズチェック検査を受けました。グライダーは5年前のもの。空気透過率がやや多い(空気の抜けがある)程度でそれなりにグライダーの劣化はあるものの、安全基準に適合していました。

     ラインバランスは、ツリーランでダメージがあるといってもラインバランスを整えることが出来る程度です。(悪いものはラインバランスを整えることが出来ないほど長さがくるっています)

     でも、気になる点がありました。以下の写真のようにブレークコードのあまりの部分を処理されていたのです。


     この写真を見て、まずあなたの第一印象は?失速に関係するとピンときましたでしょうか?


     このようにブレークコードを処理しているとことから、滑車の位置まで手を戻してもブレークが常にひかれた状態であります。
     このことから空気漏れがややある、そしてパイロットのいろいろな癖などもある中、上の写真のようなセッティングをしていると、万歳をしても、ブレークを滑車位置まで戻しても、常に余ったブレークを処理した長さ分が引かれた状態になっているのです。



     失速ぎりぎりの状態で翼がスピードを得ようとしてい時には、このくらいの長さの引き具合でも失速からまぬがれることは出来ない可能性が十分に考えられます。

     ブレークコードだけの問題ではなく、いろいろなセッティングをされる際には、見よう見まねでやったり、誰の意見も取り入れずに行うと危険です。専門知識が十分とは言えないパイロット同士でやるのも危険です。
     何かセッティングをされるときにはぜひインストラクターまでご相談ください。

    | 装備に関すること | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ベルトつけ忘れ
    0

       先日、地上練習中にレッグベルトのつけ忘れにどれだけの人が気がついてくれるかを実験してみました。地上なので落ちはしません。でも、他人が練習している姿を注意深く見て、以上に気がつく人がいるかな…と思ったのです。
       
       何も言わずに練習している間はまったく誰も気がつく様子はありませんでした。インストラクターのデモに、グライダーに目を向けたり手の動きに注目したり、、、でまさかレッグベルトが外れているとは思っていないですから、気がつかなくて当然です。

       で、次は「重大ミスがあるので見つけてください」と、クイズ形式で練習の様子を見てもらいました。すると数人の人が気がつきました。でも、何度見てもわからない人がいました。

       次の日、高高度フライトの際、偶然にもレッグベルトのつけ忘れに気が付き取りやめをするということが起きました。偶然良いタイミングで前日のような問題を投げかけたことが良かったのか、事故を未然に防ぐことが出来ました。
       やっておいてよかったと思いました。

      | 装備に関すること | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ラインの絡み
      0
        5月18日、タンデムフライトを無事終えたが、今回は反省点がある。
        それは、決してサポートしてくださった方が悪いのではなく自分自身が悪いことなのだが、このような流れになると失敗に陥りやすいのではないかというところがあるので、ぜひお気を付けいただきたいことがある。

        それはラインの絡みである。何年もラインが絡んだ状態での飛行はない。それは念入りに自分自身の目で確認しようとする習慣がついていたからだと思うのだが、今回は次のような流れでいつものようにラインチェックしなかった。

        最初、リバースが出来そうな風だった。クラブの方たちによるラインチェック。いつもなら、皆さんのチェックの後でもう一度私がチェックするのだが、リバースでチェックするので、「まっいいか」という考えになってしまった。しかし、風は弱くなりフロントへ変更。この時点では自分自身によるチェックをしていないことなどすっかり忘れている。
        一回め、フロントライズアップで右に傾き取りやめ。



        すぐにサポートの方たちが広げてくれるので、ラインが絡んでいるとは全く思っていなかった。=立ち上がってラインの異常があれば教えてくれると思っていた。

        そして、風もいいのでリバース。このときも絡んでいたのだが、取りやめたことによるプレッシャーからか絡みが見えなかった。

        立ち上げ完了し走り出したら右へ流された。このときもいつものサイドの風が吹いたので右に流されたと考えてしまった。

        そして空中で、ラインの絡みを指摘され初めて気がついた。


        ライズアップの写真で見ると、確かに絡んでいる。一回めの傾いて取りやめた際に、なぜ、周りの人は気がつかなかったのだろうとと、嫁さんに相談してみた。すると、絶対失敗するはずがないと、周りの人が思っているからだと。

        イントラも人間だし失敗することがある。過去、イントラの方も初歩的なミスをされている事故があった。

        パイロットの心理と周囲の心理。どちらにも甘えるようなことがなければ、失敗を未然に防ぐことができるのかもしれない。





        ラインの絡みを知らされたおかげで、慎重にフライトし、ハードなコンディションにもかかわらず、タンデムのお客様にも全く気づかれることなく無事終了することができた。
        | 装備に関すること | 18:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        ラインの絡み
        0
          ラインが絡んでいました。初級機であることや穏やかだったということからランディング場内に無事降りることが出来ました。
          ラインは絡みというよりも、硬く結んだ状態になっていました。こうなっては解けません。通常のフライトは無理なので安全に対処する必要があります。
          安全に対処というのは、ランディングを意味するわけではありません。手が緊張して少し引いただけで失速してしまう場合もあります。
          早く降りたいという衝動に駆られますが、ビッグイヤーをすることで失速になる場合もあります。

          「ランディング場内に降りなきゃ!」や「早く降りたい!」という焦りが生じますが、焦らず冷静になって、まず第一に考えることは無事故。
          ですからちょっと操作しただけで失速するのならレスキューパラシュートを投げたり、ツリーランディングを判断しなければなりません。
          体重移動や操作が可能な場合、ランディングディレクターの指示通りしてもらえれば、安定した大気であればランディングを試みてても、ほとんどの場合が無事にフライト終了することができています。ランディングディレクターは無理なターンを決してしないように注意を促します。急な操作でないとランディング場内に入れないくらいなら、アウトサイドを勧めます。
          しかし、ここで注意しなければならないのは、誘導慣れしていないパイロットの方です。ラインの絡みからパイロットの方による事故も報告されています。
          それは、ランディングディレクターからの指示はアウトランだったのに、いつもどおりのターンをしてランディングに進入しようとしてブレークを引いた瞬間失速。高度がなかったので地面にクラッシュ・・・!パイロットは安全に判断できなければいけないはずなのに、ましてやアドバイスがあってっもそれを重要として考えず受け流してしまった結果の事故、考え物です。
          ラインの絡みにより大きくひしゃげた
          また、次のような事例もあります。
          頭上安定後、まさに加速してテイクオフしようとしていたパイロットのラインが絡んでいるのを発見した人がいました。その人は「ラインが絡んでいる!」と大声で叫んだ。すると、パイロットは加速体制をやめようとした。しかし、もう揚力がついていたため体が振られながら足が離れてしまった。キャノピーはバランスを失いテイクオフ横の木にツリーラン。
          周囲の人間も冷静に見守らなくてはいけません。テイクオフ前の異常の発見は頭上安定までに言ってあげるようにしましょう。親切で言ったことが、逆にパイロットにパニックを与えることになりかねません。
          もし、頭上安定後にラインの異常を発見したら、加速までに言ってあげる。加速に入っている場合は離陸してから教えてあげると良いでしょう。
          といっても、そもそも頭上安定で異常を感じ、取り止めができるようにしておくことがパイロットにとって必要なことです。

          ラインの絡みはよく起こしてしまう方もいれば、年間を通して全く起こさない方もおられます。ラインの絡みを起こしてしまう原因がどこかにあるのでしょう。
          ラインチェックの方法を見直すことも重要ですが、もし絡んだとしても安全第一を冷静に考えることができるようにしておいてください。頭上安定時に異常を感じ取りやめる、アウトランする、レスキューパラシュートを投げる、いろいろ無事故で終わる方法はあります。最善の方法を選択できるようにしておきましょう。
          | 装備に関すること | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ブレークコード
          0
            ブレークコードに関するヒヤリハット。
            .屮譟璽コードの調整をしようとブレークコードを見たら、ほとんどほどけていた。あと数本飛んでいたら空中で外れていたかもしれない。
            ▲薀ぅ坤▲奪彁にどうしても傾いてしまうのでブレークコードをチェックしたら、傾く側のブレークコードが余分に結び目が増えていた。
            ▲屮譟璽コードがぐるぐるとよれてしまい、片方だけだったのでまっすぐ飛ばないほど影響がでていた。

            念入りにチェックしましょう。
            | 装備に関すること | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            アクセレーターつけ忘れ
            0
              およそ一週間ぶりにパラパークのティクオフに立っていざティクオフの時にチーフに、「アクセレータがつながっていませんよ」と指摘され、しまった!忘れた!の一件を報告します。

              その日は平日で車1台8人でティクオフに上がり準備が早くできたので一番に出ることになりました。“オッとこれってダミー??でも風は絶好”キャノピーは前で広げてもらっていたのでラインチェックをしてカラビナに左側を取り付け、右側を取り付けしているまさにその時、ティクオフ前にランディングに無線を入れなくてはと思ってライザーを取り付けてリバースの体制を取り無線でティクオフの報告をした時「右のアクセル付け忘れですよ!」しまった!このまま知らずに立ち上げたらアクセルのラインが何かに絡まってスタチンするか、飛び出してからアクセルが使えない事態になる!
              その日は風は穏やかで、アクセルは使わないにしても、ミスはダメ!

              しかし、アクセルラインを繋げている内に少し落ち着いて、これ以外はミスの無いようにしよう。
              前回立ち上げの時、手頃な風だったので安易に揚げてキャノピーの端がからんでやり直したので、今回はキャノピーを軽く引き起こし後ろエッジを地に付けたまま風を入れると両翼端まできれいに入り、ラインも絡んでいない、「よし!」とそのままゆっくり頭上まで、ここで頭上安定、ラインのからみなし、出てよし!で振り返ってテンションを感じながら前進するとそのまま空中へティクオフの「港」から防波堤の外の空域に出て安定を確認後ろにもたれてハーネスに座れました。
              チーフ・ラインの付け漏れ指摘ありがとうございました!
              おかげで落ち着きを取り戻してティクオフできました。

              パラはメンタルなスポーツでもある事を感じています。
              心配事があったり、あわてたり、不安があったりすると、動きがぎこちなくなったりうっかりが出たりしますので、気をつけるようにしていますが・・・なかなか・・・です。

              だらだらと長くなりすぎました。
              恥ずかしながら思い切って投稿してみました。

              パイロット 男性 60代
              | 装備に関すること | 10:47 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |