SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BIRDSヒヤリハットノート

パラグライダーは楽しいスポーツですが、ひとつ間違えると危険な目にあいます。ヒヤッとしたこと、ハッとした体験談を皆で共有し、問題解決を考え、安全対策を行っていただきたこうという目的で立ち上げました。

どうぞヒヤリハット体験談や事故の目撃情報を下記メールアドレスまでお寄せください。
info@birds-para.com
ヒヤリハットに関するコメントもお待ちしております。たくさんのご意見をお願いします。
そして事故撲滅に役立てていこうではありませんか!
安全なフライトとは
0
    今の風で飛んだら安全ですか?
    という質問を受けることがある。自分自身が飛ぶ場合は安全に飛ぶ自信はあるが、質問をした方が安全に飛べるかどうかは疑問である。

     安全とは自分自身で作るもので、人間がかかわる以上、そこにはヒューマンファクターの要素がかかわってくる。つまり人間はミスを犯しやすい生きものだということ。

     仮に私が「安全に飛べる風だ」と、断言してしまうと、それを聞いた人はどのような気持ちで飛ぶだろう。安心しきって注意力をなくして、思いっきり自由に飛ぶ・・・という方も出てくると思う。ほとんどの方は安心しきって注意散漫で飛ぶようなことはしないと思うので事故にはならないと思うのだが、たまにアクシデントを起こしてしまう方もいる。だから、私は安全に飛べる風だとは断言できない。

     
     見るからに風が強い時でも安全であるのがわかりきっているかのように、皆の心配をよそに素早く決心してテイクオフして、それで全く揺れることなく安全に飛ぶ達人のような人がエリアには必ず一人くらい入る。その達人が飛んだからといって、まねして飛ぼうものなら、やっぱり怖い目にあった経験をした人も少なくないのではないだろうか?でも、達人は飛びおえた後何事もなかったようにケロッとしている。何が違うのだろう。
     その達人のような人は、同じ風を見ても飛べるかどうかという判断はもちろん、抑えるべきポイントをしっかり押さえることが出来ているのだと思う。飛べるかどうかというより、ある風での陥りやすい傾向と対策が出来ているので、多少揺れたり潰されたりしても、その場所は山や地面からの余裕の高度があり、立て直す余裕がある、いわば想定内の出来事なのである。
     達人が飛んでいるのを見て安全だと思って飛ぶ人は、達人並みの観察力と判断力がなければ、強い風や強いサーマルコンディションの中で飛ぶと怖い思いをしてしまうのである。達人は乱れたコンディションであろうと、それを想定内と判断し揺らさないで飛んでいるのだから、そこへ揺れない風だと思ってくる方は傾向と対策が出来ていないわけだから、想定外のことが起こるわけだから怖いはずである。安定していると思って飛ぶ人が、激しいサーマルのコンディションで飛んでしまうということは無防備で危険この上ない。

     空を飛ぶということはいったんテイクオフしてしまったあと地上に足がつくまで飛び続けなければならない。どんなに揺れようが乱れようが潰れようが、足がつくまでコントロールしなければならない。あきらめたり身体がフリーズしたりしてはおしまいだ。

     そうならないために、まず、安全なフライトは自分自身にかかっている、ということをしっかりと肝に銘じなければならない。どんなに穏やかな大気であっても、パイロット次第で安全にも危険にもなる。
     安全なフライトとは、そのコンディションの中で傾向と対策のポイントを出来てこそナセル技だと思う。そのポイントを抑えたうえでサーマルソアリングや高度な技術に挑戦すると、とても楽しく安全にフライトを行うことが出来る、、、と思う。
    | その他 | 00:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    穏やかに飛べた日でも・・・!?
    0
      前日の気象予報からも、当日の天気の移り変わりから見ても、この日はとっても穏やかでした。そんな日でもひやりとしたことがランディングで3件、テイクオフで2件あります。
      午前中はスクール生がフライトトレーニングで2本飛びました。その後サーマルもちらほらと出始め、パイロットの方もテイクオフ。パイロットの方はサーマルがないとフライトが雑になるのか、ランディングで大きくローリングしパッキングゾーンで畳んでいるみんなの近くにドスン!
      その後もランディングの上空で大きくローリングしてドスン。ローリングしたら振り子で振られ、高度損失も10m以上あるということが頭にないような低空での高度処理。とってもひやりとした。
      朝練からフライトできサーマルも穏やかなことからスクール生も3本、4本とフライトをこなしていく。お昼には通常サーマルが強くて休憩に入るのだが、この日は穏やかでこんなチャンスはめったにないとばかりに、休憩の時間を惜しんでフライトするスクール生。各自休憩してくださいね。という呼びかけも耳に入っていなかったのか?あるいは忠告を軽く受け流していたのか?そして夕方、テイクオフで足のもつれる方、押さえが足りずにフロントを潰してしまう方がいて、ヒヤッとした。フライト本数を重ねると雑になるのはよくない。休憩をして、リフレッシュすることは非常に重要だ。

      そして、夕方アーベントで誰もが穏やかにソアリングできて高ぶっていた気持ちも緩んできたとき、ランディングが混雑しだす。5機ほどの同時進入。何も一度にたくさん降りてこなくてもいいのに・・・と思うが、なぜ一斉にランディングに集まる。そして、先頭で入ってきた機体がベースのあたりで右往左往・・・。後の方は正しいコースを通れずに下の段へ・・・。
      これも、ソアリングが30分以上できて、とりあえずソアリングがでて面目が保てたという安心感が、一斉ランディングになるのではないか?誰か1人がランディングしようとしていたら、もう少し粘って、アプローチのコースの機体がいなくなってから自分もアプローチに入るとか、いろいろ手段はある。また、後続機がいることにいち早く気がついて、高度処理をして後続に迷惑をかけない意識が必要だ。
      もし、アプローチ中に接触したら重大事故になる可能性が非常に高い。そうするといろいろな方に迷惑をかけてしまうのだ。自分のランディングテクニックを磨いて、いろいろな場面でフライヤー全員が安全に降りれるように、全員が心がけて欲しい。
      ランディングに限らず事故が起これば、皆に迷惑をかける。エリアのフライヤーのみならず、地元住人、ご家族、職場、etc・・・。事故のほとんどがパイロット自身の慎重さに欠けた判断から起こる。

      お昼にちょっと休憩して気持ちも身体も休めておけば・・・。
      パッキングゾーンの上空は絶対に飛ばないという気持ちがあれば・・。
      低高度では振り子がおきないようピッチとロールのコントロールに注意するとか。
      順番に降りるように両翼端折をするとか、または、もっと高度維持するとか

      いろいろな場面を想定して、いろいろな方法を考えることでもっともっと皆さんのフライトを安全にできるはず。現状に満足せずに、もっともっと安全を目指して欲しい。
      | その他 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ツリーラン脱出で・・・
      0
        ツリーラン回収でのことです。
        私はツリーランの救出はお手の物で、率先して回収に行きます。助けてもらうことがあるので、私も仲間の役に立ちたいとはりきります。

        いつもの手順でシュリンゲで自己確保をして、枝に引っ掛かったラインやキャノピーをはずしていました。最後のラインを取って作業終了!「私の手にかかればお手の物♪早く回収してあげるから待っててね〜」なんて思って降りるために自己確保をはずそうと思ったら・・・・・もともと自己確保できて(木と自分がシュリンゲでつながって)いませんでした。冷や汗
        自己確保をしたつもりが、自分のハーネスについていなかったのです。シュリンゲをしっかり木の幹には通していたのですが、一番大事な自己確保(自分の身体を落ちないようにすること)を忘れるなんて。再確認をしていなかったので気がつきませんでした。

        このことがあってからは引っ掛かった人のことを思って「早く取ってあげないと!」と思う気持ちを改め、今では「時間がかかっても良いから安全第一で確実に回収しよう。」という気持ちで回収のお手伝いをすることにしています。

        パイロット 男性 30代
        | その他 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |