SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BIRDSヒヤリハットノート

パラグライダーは楽しいスポーツですが、ひとつ間違えると危険な目にあいます。ヒヤッとしたこと、ハッとした体験談を皆で共有し、問題解決を考え、安全対策を行っていただきたこうという目的で立ち上げました。

どうぞヒヤリハット体験談や事故の目撃情報を下記メールアドレスまでお寄せください。
info@birds-para.com
ヒヤリハットに関するコメントもお待ちしております。たくさんのご意見をお願いします。
そして事故撲滅に役立てていこうではありませんか!
<< 知らず知らずのうちに身にしみついている悪い癖 | main | ベルトつけ忘れ >>
変わりやすい冬の風
0
    今年の冬は北西予報で高確率でフライトできています。
    なぜでしょうか?



    ↑ のような天気図では他の季節では北風が強く入ってきて飛べない時が多いか、飛べていても早く強い北風がはいってきて早々に飛べなくなるか…ですが、微妙に飛べる日が多いです。
     これはあくまでも一イントラとしての意見ではありますが、冷たく重たい空気であるため動きが鈍いから起こるのではないかと思います。でも、風が弱いというわけではありません。太陽の熱エネルギーでいったん対流現象が起こると本来の強い風が襲いかかってきます。冷たすぎる空気であるため日照で温められるのに時間がかかり、対流現象が起こるのに時間がかかってしまうのではないかと思うのです。

     1月19日は午前と午後に1本ずつ飛べましたが、時々強い風が入る程度で穏やかにフライトできます。でも、冬の風には重たいパワー自体はありますので、弱いと思ってテイクオフしてもソアリングが可能です。このおだやかに見える中で対流現象が起こって本来の強い風が吹くかもしれないと思って飛ばないといけません。午前中は強くなったと思ってもさほど危険なほどには至らず、楽しい間に終了できました。また、この楽しい間に追われたということもパイロットの油断を与えるのですが…

     午後からの風もテイクオフ直後からしばらくは穏やかでした。午前中に飛んだパイロットは、さっきの経験で同じようなコンディションから始まる展開、これからもっと強い風が吹くというとはすぐに考えなかったのでしょう。
     午後からのフライトでは強い風へと変わるのも急激でパワーも比べ物にならないくらい強烈なものでした。判断が遅れて北側の安全な田んぼにはもうランディングできる位置ではなくどんどん風に押されてバックいていきます。
     飛んでいたのがパイロットの方でよかった…。と、本当に思いました。無線の指示を理解してランディング場をあきらめ、指示通りに風下に流し民家上空を避け、田んぼの上で風上へ向けてそのまま垂直降下・・・。建物の向こう側で見えないので心配でしたが、みんな無事アウトサイドランディングで事なきを得ました。

     無事でしたが、なぜヒヤッとしたことが起こったかを考えることがとても大事です。天気図を調べると午後3時は関西付近の等圧線がくぼんで狭まっていました。気象予報士でもないかぎり予報は難しいですが、こうなる可能性は十分想定できたはずです。でも、午前中の経験から油断をしていたため不十分な観察、判断の遅れへとつながったのだといえます。



     いつ、どんな場所で、何が起こるかわからない…そのくらいの用心深さが冬の北西風で飛ぶ秘訣だと思います。
    | 風・乱気流 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hiyarihatto.birds-para.com/trackback/1166776