SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BIRDSヒヤリハットノート

パラグライダーは楽しいスポーツですが、ひとつ間違えると危険な目にあいます。ヒヤッとしたこと、ハッとした体験談を皆で共有し、問題解決を考え、安全対策を行っていただきたこうという目的で立ち上げました。

どうぞヒヤリハット体験談や事故の目撃情報を下記メールアドレスまでお寄せください。
info@birds-para.com
ヒヤリハットに関するコメントもお待ちしております。たくさんのご意見をお願いします。
そして事故撲滅に役立てていこうではありませんか!
<< ベルトつけ忘れ | main |
セッティングミスのトラブル
0

     サーマルソアリング中に何度も失速してしまうパイロットがおられました。
     普通にフライト出来ることもあるのに、また、同じ空域で他のパイロットは通常に飛行しているのにどうしてこのパイロットだけが失速に入るのかを検証してみました。

     まず、グライダーに欠陥があるか、グライダーズチェック検査を受けました。グライダーは5年前のもの。空気透過率がやや多い(空気の抜けがある)程度でそれなりにグライダーの劣化はあるものの、安全基準に適合していました。

     ラインバランスは、ツリーランでダメージがあるといってもラインバランスを整えることが出来る程度です。(悪いものはラインバランスを整えることが出来ないほど長さがくるっています)

     でも、気になる点がありました。以下の写真のようにブレークコードのあまりの部分を処理されていたのです。


     この写真を見て、まずあなたの第一印象は?失速に関係するとピンときましたでしょうか?


     このようにブレークコードを処理しているとことから、滑車の位置まで手を戻してもブレークが常にひかれた状態であります。
     このことから空気漏れがややある、そしてパイロットのいろいろな癖などもある中、上の写真のようなセッティングをしていると、万歳をしても、ブレークを滑車位置まで戻しても、常に余ったブレークを処理した長さ分が引かれた状態になっているのです。



     失速ぎりぎりの状態で翼がスピードを得ようとしてい時には、このくらいの長さの引き具合でも失速からまぬがれることは出来ない可能性が十分に考えられます。

     ブレークコードだけの問題ではなく、いろいろなセッティングをされる際には、見よう見まねでやったり、誰の意見も取り入れずに行うと危険です。専門知識が十分とは言えないパイロット同士でやるのも危険です。
     何かセッティングをされるときにはぜひインストラクターまでご相談ください。

    | 装備に関すること | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hiyarihatto.birds-para.com/trackback/1166778